麒麟レモンはミュージシャンなのでリアルオーディオなのだ。


ついにきりんの歌声公開なのだ。
おしゃべりインコを断念しお昼寝インコとなった麒麟レモン起死回生の1曲、
鳥心を込めて歌います。歌うはあの真黒毛ぼっくすの名曲「パナマの帽子」。
まぁまぁ広い心で空耳パワーを全開にしてお聞きください。
せっかく編集したんで公開します。以前のは消えました。
しかし、きりんは「パナマの帽子」好きだなぁ。しょっちゅう歌ってますわ。
マイク向けると止めるけど、今もスキャナの上の鏡の上で歌ってますわ。
ちなみに、ポポポポポッというのは教えてません、きりんアレンジです。
しかし歌うくせになんでおしゃべりはしないんだろう。
きっと、プライド高いミュージシャンなのだ。クラプトンとかもインタビュー嫌いだしね。
プライベートではおしゃべりしてもいいんだよ、きりん。

麒麟レモン、レーベルを越え青空レコードのオムニバスCD「青空十景」の
ボーナストラックで早速のCDデビューなのだ。噂によるととってもいいらしい。
5組10曲+麒麟レモンで1000円ってのも御買い得。
詳しくは「青空レコード」で見て頂戴。

まずは、元曲を知らなくてはわけがわからないだろうから、
真黒毛ぼっくすの「パナマの帽子」を聞いてください。きりんの愛唱する「パナマの帽子」
は真黒毛ぼっくす3rdCD「歓びのダンス」に収録されています。真黒毛ぼっくすのCDの
お求めは「青空レコード」へGo!Go!Go!
(1:48)
「パナマの帽子」は実は求愛ソングなのだ。そういえばこの曲を真黒毛ぼっくすが
演奏し始めた時期はそーゆう時期だったのだ。そーかそーかと思いつつ。
きりんがマラカスタマゴに求愛している時に歌った「パナマの帽子」。
前半11秒くらいが以前のを再編集、後半が今回録音のを編集。
将来、オスを連れてきたら「パナマの帽子」で求愛しちゃうのかなぁ。
人間には効果あったみたいだが、インコはどうかな心配である。「へんな歌、嫌い!」
なんてなったら、どうしよう。セキセイは結構好き嫌いがはっきりしているらしいから。
(0:23)
(99/8/8)
きりんの朝の行動は大体決まっている。日記にも書いたが規則正しいのである。
9時頃に目を覚まして、床に降り、敷いてある紙を齧る、これを15分くらい行う。はみがき
代りなのかな?そのあと、10分くらい歌う。以前はフランス語みたいなのをしゃべっていた
のだが歌を覚えてからは「パナマの帽子」+「飲み水(出だしちょっと)」+わからん歌の
オンパレードなのだ。というわけでここ2日ほど朝録音に挑戦したのだ。ライブだってのに。
昨日のはレベルが低くて駄目、今朝(8/8)のは高感度でやったら今度はノイズがひどくて
ボツだ。でももったいないのでそれを編集したのを公開します。
きりんは下の止まり木で歌っている。カゴの上にマイク置いたのではちょっと遠いみたいだ。
朝の歌は大きな声では歌わないみたいだし。
朝録音は大変なのだ。きりんより先に起きて静かにしていなくてはならないのだ。
もちろん目覚ましで起きるのはダメ。精神力だよね。
で、今朝はきりんの朝の行動をじっくり観察してみました。歌ったあと餌を食べて、
水を飲んでその後は静かにカゴから出るのを待っているようでした。それまでは少々の
物音立てても大丈夫だったのだけど、(MDのスイッチの音とか、枕がパイプのやつ
なので結構音するんです)、待ちに入ってからはちょっとの物音でも、チョヨチョヨ鳴いて
出してくれーと止まり木前転をするのでした。あーそれで入口の前の止まり木にいるんだ。
なるほど。
(0:44)
(99/8/8)

If you have not yet downloaded a free Realplayer G2 you can do so at: The basic player is good - and free.